ジョジョは王道マンガだった!『荒木飛呂彦の漫画術』

ジョジョは王道マンガだった!『荒木飛呂彦の漫画術』

 面白い漫画ができる「黄金の道」とは!?


今回紹介する書籍は、『荒木飛呂彦の漫画術』です。荒木さんといえば、全く人気が衰えることなく長期連載が続く『ジョジョの奇妙な冒険』の作者です。


本書の魅力はなんといっても、現役の一流漫画家が「漫画の描き方」の秘密について書かれていることです。

企業秘密を公にするのですから、僕にとっては、正直、不利益な本なのです。


本人がこう発言するほど、まさに最初で最後の貴重な本ではないでしょうか。

 

 

 

 

目次

 

  1. 最初の1ページは漫画の「予告」

  2. 漫画の「基本四代構造」

  3. ヒーローは孤独に戦う

  4. キャラクターは時代の変化に弱い

  5. 日常に「起承転結」を体で覚える

  6. ストーリー上やってはいけないタブー

  7. ヒットする漫画の絵の条件

 

 

 

 

 

最初の1ページは漫画の「予告」


荒木さんは、最初の一ページで、どの漫画がどんな内容なのかという予告を、必ず描くようにしているようです。


最初に予告をするというのが非常に重要なのです。


読者はいったいどういう漫画なのかという方向性を早く知りたいですから、いつまでたってもどんな漫画なのかわからないコマが続いたら、「もういいや」とやめてしまうでしょう。



一コマ目で5W1H、二コマ目で主人公のちょっとした異様な行動を描き、そこで「これは普通の漫画とは違う、なんだか変わった話だぞ」という感じを演出します。


高度なテクニックを要求されますが、描き出しの部分で『この漫画はこういうものだ」と読者に明確に伝えるインパクトは、「この漫画、読んでみようかな」と思わせるために欠かせません。



主人公のちょっと意表な行動に、興味をそそられ、これから主人公がどんなことをするのか気になるわけです。そうなると読者は自然に次のページをめくりたくなるでしょう。

 

 

 

漫画の「基本四代構造」


実際に漫画を描くときに、常に頭に入れて置くべきことというのが存在します。それが漫画の「基本四大構造」と呼ぶ図式です。

重要な順にあげていくと、
①「キャラクター」
②「ストーリー」
③「世界観」
④「テーマ」
ということになります。



この4つは、それぞれ独立して存在するのではなく、お互いに深く影響を及ばしあっています。


そしてこれらの要素を増殖し、統括しているのが「絵」という最強のツールで、さらにセリフという「言葉」でそれを補っています。


つまり、読者に見えているのは絵ですが、その奥には「キャラクター」「ストーリー」「世界観」「テーマ」がそれぞれにつながり合って存在しているのです。


僕は、漫画は最強の「総合芸術」だと思っています。なぜなら漫画は、この「基本四大構造」プラス「絵」プラス「言葉」をすべて同時に表現しているからです。



たとえば、表現者として優れていても絵が描けないのであれば、作家や脚本家などの職種につくでしょう。逆に、絵が描けてもストーリーが作れない人は画家やイラストレーターなどになると思います。


しかし、漫画家はこのすべてを一人でできなければなりません。もちろん誰かとタッグを組んだり、チームで描くこともできるでしょうが、一人で行うことがほとんどです。


ですから、漫画を描くときは、ただ漫然と描くのではなく、この「基本四大構造」を意識しながら描くことが非常に重要なのです。


「よいキャラクターが作れているか」「ストーリーはOKか」「世界観はちゃんと描けているか」「テーマは一貫していて、ぐらついていないか」「絵は大丈夫か」などと常にバランスを確認しながら判断していくと、「キャラクターがちゃんと描けていないから、読者は読んでくれないのかな」というような、作品の欠点や弱点が浮かび上がってきます。

 

 

 

ヒーローは孤独に戦う

 

主人公は「善なるもの」であり、さらに「ヒーロー」である必要があります。ここでヒーローの条件が何かと言えば、実は、孤独である、ということです。



究極の選択を迫られたとき、それは主人公だけが解決できる、というものでなければいけません。自分の力でその難問を解決しなければならないという主人公の立場は、そうしても孤独にならざるを得ないのです。



『ジョジョ』第五部「黄金の風」のブチャラティたちのチームも、同じ志で行動を共にしていますが、実態ははみ出しものの集まりです。彼らのつながりは、けっして親分子分の厳しい上下関係でも、仲良しサークル的なものでもなく、戦うときはそれぞれが皆孤独なのです。


社会のルールから認められていなくてもかまわない、たとえ孤独であっても大切なものを追い求める、これが最も美しい姿ではないでしょうか。



また、究極のスーパーヒーローは、イエス・キリストのような人物だと言います。

誰かに崇められはするが、お金をもらったりするわけでもなく、ひっそりと死んでいくかもしれない、それでも自分の中の正しい真実を追う人、それが、ヒーローなのです。



まさにこのヒーロー像を体現しているのが、クリント・イーストウッド監督作品の主人公たちです。


ちなみに、理想のヒーローであるイーストウッドを最も色濃く投影させたキャラクターが、『ジョジョ』第三部「スターダストクルセイダース」の空条承太郎なんだとか。

 

 

 

キャラクターは時代の変化に弱い


ストーリーがなくても漫画は成り立ちます。ストーリーが中心の漫画は王道ではないのです。しかし荒木さんは、漫画にストーリーは必要だ、と言います。


なぜなら、ストーリーが’ない漫画には弱点があるからです。たとえばキャラクターが中心の漫画は、一斉を風靡したキャラクターであるほど、時が経てば時代遅れになってしまうでしょう。なぜなら、キャラクターは時代性を反映するものだからです。



キャラクター漫画の代表『サザエさん』の原作は、およそ半世紀前に描かれています。今読むとどうしても伝わらない部分が出てきます。だからこそ、時代の変化に応じてアップデートしていかなければ、生き残れません。


アニメの『サザエさん』は何十年も続く、お茶の間でおなじみのアニメ作品です。今もなお人気な理由は、現代風にアップデートしてリニューアルし続けているからでしょう。


『こち亀』が長く続いた理由も同じことが言えるでしょう。



漫画を描く上では、「エピソード」という概念もとても重要です。

連載が終わるまでずっと続いていくストーリーに対して、エピソードは一話毎に、その都度完成します。そして、最終的にこの漫画がどこに向かっていくのか、というストーリー以上に、実はこのエピソードこそが読者の心を捉える上で決定的に重要な役割を果たすのです。



読者に読みやすいと思わせる、キャラクターが悩んだり、冒険したりする部分を担っているのが、エピソードであり、そのエピソードが連なったストーリーの役割です。


時代を超えても読み継がれる名作漫画は、キャラクターとストーリーが見事に融合しているものばかりです。


これこそが、漫画の「黄金の道」なのです。

 

 

 

日常に「起承転結」を体で覚える


「起承転結」。これは小学生の頃から何度も聞いた言葉ではないでしょうか。とはいえ、わかっていてもそう簡単にできるものではありません。


著者の荒木さんによると、「起承転結」は頭で考えるより体で覚えるといいそうです。


漫画を書いているときにいちいち「ここが『起』だな」「ここから『転』になるな」などとは考えません。ですから、プロの漫画家を目指すなら常に自分の身の回りのことで「起承転結」をチェックする訓練をして、体に染み込ませるのです。


普段の生活から少し意識してみましょう。


たとえば、食事ひとつとっても、コース料理などは「起承転結」の典型です。「起」で前菜が出て、「承」のパスタで盛り上がり、「転」でメインディッシュの重厚さを味わい、「結」、つまりデザートで締めるのです。


また、恋愛やスポーツも同じように当てはめることができます。よく考えてみると、自分の周りには「起承転結」があふれていることに気づくと思います。


まずをそれを自覚し、体に覚え込ませるようにしていけば、面白いストーリーを描く事はけっして難しくないはずです。

 

 

 

ストーリー上やってはいけないタブー


漫画の中にも、ストーリー上やってはいけないタブーなるものが存在するようです。漫画を描く際はぜひ抑えておきましょう。


①作者が語る

これはテクニック的にやってはいけないことの筆頭のようです。コマの外で作者がツッコミを入れるのは、ファンサービスのようにも見えますが、それ以上に肝心のストーリーをブチッと切ってしまうことになってしまうのです。これは読者の漫画に世界に浸りたいという気持ちをないがしろにする行為です。


②偶然の一致

主人公が困難の状況に陥ったときに、あまりの偶然で解決されてしまっても、全く説得力を感じません。そのための伏線があるならともかく、一連の流れやキャラクター、世界観とは全然関係ないところで、苦し紛れの演出はNGです。


③主人公が間抜け

いくらアイデアに詰まったとしても、主人公が間抜けな行動をとるが故に困難になるというのは、それ自体がマイナスです。ギャグやパロディならともかく、これらは全部、安易な「間抜けパターン」で、安っぽい感じになってしまいますので、やめておきましょう。


④夢オチ

これは、読者が一番嫌いなダメ・パターンです。今まで一生懸命、主人公と一緒にストーリを歩んできたのに、実は夢だったなんてことになると、裏切り行為や読者への冒涜と思われても仕方ありません。

 

 

 

Booksカテゴリの最新記事