アカキンさんが分析したフォロワー獲得できない「Twitter運営」の5つの禁止行為

アカキンさんが分析したフォロワー獲得できない「Twitter運営」の5つの禁止行為

あなたのフォロワーが増えないのには、ここに原因があった!?


Twitterのフォロワーを増やしたいと思っている人へ。
最初の入り口として、とても参考になるNote記事を紹介します。

第三者から見てまずい、ツイッター運用の仕方が露わになっています。その方法を学んでいきましょう。

この記事は、アカキンさんのNote「アカキンが分析したTwitterのフォロワー獲得でやってはいけない12の行為」の内容を感想・まとめたものになります。

 

 

 

 

目次

 

  1. 自分が目指すインフルエンサーが決まっていない

  2. 獲得したいフォロワーの層が決まっていない

  3. ツイートが思いつき

  4. ヘッダーで何者か分からない人が多い

  5. アイコンに拘りがない

 

 

 

 

 

 

自分が目指すインフルエンサーが決まっていない


目指すインフルエンサーがいなければ、学ぶことも、マネする事だってできないはずです。まずは、メンターや師匠を見つけて、真似するところから始めましょう。

古くから、日本には「守破離」と言う考えがあります。守破離とは、武道や芸能など世界で良く使われる言葉で、ビジネスでもよく言われます。

まずは師匠のやり方を全てマネする。
そしてある程度実績がでてきたら、次は他の人たちを参考にしつつ自分の型をつくるという考え方だ。


「守」から始めてみましょう。基礎となる土台を作っておいて、オリジナルを生み出していきましょう。

まずは憧れるインフルエンサーを見つける事だ。

 



獲得したいフォロワーの層が決まっていない


これが本当に多いようです。フォロワーを増やしたいと思っているのは良いことですが、ただ単に数だけあってもあまり意味を成さないでしょう。

そうではなくて、重要なのは自分の考え方や生き方に共感してくれる層を考える事だと、アカキンさんは言います。相互フォローはしなくても良いですが、両者にメリットがあった方が良いですよね。

まずは、自分が何者であるのかを名義しましょう。そしてどうやって自分をアピールするか考えましょう。自己表現や自己実現をする前に、自己開示をして、自分というものをアピールすることを忘れてはいけません。




ツイートが思いつき


いいねやリツイートされない、そしてフォローもされないというのは、そのツイートに価値がないからであろう。趣味でやっているのなら問題ないが、インフルエンサーを目指す、もしくはビジネスとして運用を考えているのであれば、考え直す必要があります。

アカキンさんがいうのは、準備不足だという。

アカキンはツイートを140文字に凝縮したブログの記事だととらえている。
だからこそ魂を込めるのだ。
SNSだからこそ言葉に魂が宿らなければいけない。
その一挙手一投足が見られている。
会っていない人達だからなおさらだ。
下手したら1つのツイートで信用を失う場合もある。


ブログを運営している人なら、すごくわかりやすいかと思います。140文字以内におさめるというのが難しいのです。出来るだけめいっぱい書きましょう。予約投稿というのを使ってもいいですね。

芸能人のような、「おはよう」とかなんの意味も持たないようなこととか、インスタ映えを狙ったものもやめて方がいいです。




ヘッダーで何者か分からない人が多い


ヘッダーは自分の顔だと、アカキンさんは言います。一目で何者かわかるようにする必要があるみたいです。設定しない人も適当にしている人も、新しく変えてみましょう。

アカキンさんのヘッダーには、わかりやすくなっている。他のインフルエンサーの人を見てみても、ヘッダー画像はしっかりしています。宣伝やアピールの場としても有効ですね。権威性を高めるのにもいいでしょう。




アイコンに拘りがない


とはいえ、ヘッダーよりも先に存在に触れるのが、アイコンであろう。アイコンでないな、と思われれば、そこで終了です。アイコンというのは、全ての入り口なのです。

アカキンさんのは、可愛いレッサーパンダです。顔出しじゃなくても問題ないはずです。Twitterをみていると、動物がたくさんいますよ。

アイコンがぱっと見で目立たないとみてくれない
アイコンは全ての入り口である。
人柄が見えたり愛されるキャラや色使いも大切だろう。

 

 

以上、ここでは5つ紹介しました。Noteには、全部で12コものTwitterのフォロワー獲得でやってはいけない行為が記載されています。詳しくはアカキンさんのNoteをご覧ください。

 

 

 

 

 

Noteカテゴリの最新記事