40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方

老いない体づくり、強いメンタルの秘密とは!?


今回紹介する書籍は、葛西 紀明さんの40歳を過ぎて最高の成果を出せる「疲れない体」と「折れない心」のつくり方』です。

葛西さんといえば、スキージャンプのレジェンドと呼ばれ、全く年齢の老いを感じさせません。

そんな葛西さんに学ぶ、40歳を過ぎても若々しくいられる秘訣を解説していこうと思います。

40代といえば、一般的には体力や気力が衰えていくといわれる年代であります。それはアスリートといえど同じはずです。

いったいどのようにして、「老いない体」をつくり、維持しているのか?また、第一線で今もなお戦い続ける「強いメンタル」の秘密とは!?

 

 

 

 

目次

 

  1. 疲れない体をつくるには?

  2. 40歳を過ぎたら、筋トレよりストレッチを始めよう

  3. 葛西式イメージトレーニング

 

 

 

 

 

疲れない体をつくるには?


一般的に人間の体は20代をピークに衰えはじめ、40代になるとその勢いは加速度を増していくと言われています。

しかし、葛西さんによると「正しいケア」をすることで40代になっても50代になっても、健康で若々しい肉体を保つことができると言います。

とはいえ、ひたすら筋トレをして、20代に肉体を保つといった過酷なものではありません。実践するのは年齢に見合った方法です。


「疲れない体をつくる」

 

これこそが、40代以上のビジネスパーソンにとって「最高の体づくり」です。

仕事で最高のパフォーマンスを発揮できなくなる要因として、「病気」「ケガ」の次に怖いのが「疲れ」です。

この「疲れ」が慢性的になっていくと「衰え」につながってしまいます。


「疲れない体」をつくる最大のポイントは、ズバリ「代謝を上げること」 です。


年齢とともに増えてくる不調の多くは、「代謝の低下」が原因かもしれません。体の疲労回復が遅くなっていくと、メンタル面にも悪影響を及ぼしてしまいます。

「健全な精神は、健全なる身体に宿る」なんて言いますが、まさにその通りと言えるでしょう。

やはり人間は、体が資本です。

まずは、代謝を上げ、「疲れない体づくり」を始めましょう。


40代になったら「疲れない体」こそ最高の武器になる。
「代謝をいかに上げるか」が「疲れない体」をつくる武器の最大のポイント。

 

 

 

40歳を過ぎたら、筋トレよりストレッチを始めよう


葛西さんは、40歳を過ぎた今でも、持久力や身体能力の数値はほとんど変わっていないようです。

老いない体をつくり、維持するのにもう一つ大切な要素があると言います。それが「下半身の強化」です。

「老いない体」をつくるには、「下半身の強化」が重要。
「老いは足から」。40歳を過ぎたら、上半身よりも下半身を鍛えよう。


とはいえ、筋トレを始めるのは難しい人もいるでしょう。実は「筋力の低下」と並んで「柔軟性の低下」も、老いの敵なのです。

筋力と同じくらい衰えているのが、柔軟性です。「体が硬い」ことは、皆さんが思っている以上に「疲れやすい体」をつくり上げてしまうのだとか。


下半身の柔軟性において重要な筋肉は次の3つです。

❶ ハムストリング( 大腿二頭筋、 半 腱 様 筋、半 膜 様 筋/太ももの後面) ❷ 大腿四頭筋(太ももの前面)
❸ 内 転筋


これらの筋肉の柔軟性がなければ、小さな段差につまづいてしまったり、足がもつれてしまいかねません。いきなり筋トレをすると、怪我をしてしまう恐れもあるため、まだどちらもしていないという人は、ストレッチから始めてみることをお勧めします。


怪我の予防だけでなく、何よりも代謝がアップします。先ほども言ったように代謝が上がれば、疲労回復が早くなるのです。

40歳を過ぎたら、肉体面では「柔軟性」を最優先にケアするようにしてください。

 

 

 

葛西式イメージトレーニング


本番で最高の結果を出すために、まず必要なことは「不安な気持ちを取り除く」ことだと言います。不安気持ちを取り除くカギになるのが「イメージトレーニング」なんです。

反復練習によって、より具体的で正確な「成功した自分」を思い描けるようになれば、メンタル面でも強くなり、成果に結びつくはずです。

現実離れしたストーリーではなく「いい状況」も「悪い状況」も想定し、最終的にプラスの結果に結び続けるのがイメージトレーニング。


では、葛西流の「イメージトレーニング」の具体的なやり方を見ていきましょう。


環境を整え、自分がやりやすい「時間と場所」を確保する

イメージトレーニングをする上で、まず大切なのが環境を整えることです。人によっては静かなところがいい人もいれば、少し騒がしいくらいがいいという人もいます。時間帯だってバラバラです。自分にあった時間と場所を選びましょう。


まずは「日常を映像化するトレーニング」から始める

イメージトレーニングを成功させるには、「細かい動きや情景を、いかに映像化できるか」がポイントになります。

最初は「1枚ずつの画像」から、「スライドショー」になっていき、最終的には「なめらかな映像」に変えていくプロセスです。


自分が実現したい「ゴール」を設定する

ゴールはなんだって構いません。ただし、できるだけ「明確な目標」を設定するのがコツなようです。


❹「ゴール」に向かってとるべき「行動と思考」を詳細に、時系列で思い描く

これもゴールと同じく、詳細に時系列で描くことを意識しましょう。


必ず「プラスの感情と結果」で終える

イメージトレーニングでは、「いい状況」も「悪い状況」もしっかり想定して行います。しかし、最後は「プラスの結果と感情」で終える必要があります。


5つの手順を踏めば、イメージトレーニングは誰にでもできる。
マイナスイメージに引きづられるときは、顔の前で手を叩いて断ち切る。

 

 

 

 

Booksカテゴリの最新記事