アダム流モテる男になる方法【女性に愛される究極な方法】

アダム流モテる男になる方法【女性に愛される究極な方法】

誰でも確実に、女性に一生困らないモテる男性になれる秘訣を紹介


昨今では、「草食系男子」と言う言葉があるほど、恋愛に積極的になれない男性が多いみたいです。

しかし、従来通り、女性にモテたいと思っている人もたくさんいるはずです。


今回紹介する書籍モテる男になる50のテクニック』は、著者のアダム徳永さんが、1,000人を超える女性との実践的なフィールドワークを通して、リアルな女性心理は研究が書かれています。

本書は、女性から愛される男になるための「モテるテクニック」がたくさん詰まっています。


 

 

 

目次

 

  1. 「いい人だけど、つまんない」と言われないために

  2. 俳優になったつもりで自分を演出する

  3. トップセールスマンからテクニックを盗む

  4. すぐに諦める弱気を克服する

  5. 女性を虜にする覚悟を決める

 

 

 

 

 

 

「いい人だけど、つまんない」と言われないために


女性に「好きなタイプの男性は?」と聞いたら、多くの人が「やさしい人」と答えますよね。

やさしさをテーマにすれば、女性は男女すべての人にやさしい男性が好きなみたいです。

もっとわかりやすく言えば、「好きなタイプの女性にはやさしいけど、そうじゃない人にはそれなりに」などという裏表のある男性に、成熟した大人の女性が好意や興味を持つわけがありません。



女性の直観力は男性にはないものがあるみたいですよ。よく女の勘は鋭いと言いいますが侮れないですよ。

誰にでもやさしいのか、打算と都合でやさしさを使い分ける男性なのかを、女性には簡単に見抜かれます。


しかし、問題は誰に対しても優しくていい人なのに、なぜかモテない人がいることです。

女性が好きなやさしい男性とは、「自分だけを愛してくれる人」のことなのです。


好意は恋愛の入り口にすぎません。さらに奥に踏み込むには、やさしさに加えて、「力強い愛」がなければならないと言います。


力強い愛とは、何か?本書では以下のように定義しています。

それは、信念であり、責任感であり、包容力であり、何があっても命がけで守り抜く覚悟であり、死ぬまで愛しぬく決意といった、オスとしての能力の集合体です。



つまり、やさしさだけでは、モテる条件をクリアしていないのです。やさしさと強さ、このふたつを兼ね備えることから始めましょう。




俳優になったつもりで自分を演出する


まずは、理想的な男性を見つけることが大切だと言います。有名人や知り合いなど、実在する人でもいいですし、小説やマンガのキャタクターだって構わないみたいです。

ちなみに作者がお勧めするのは、「島耕作シリーズ」なようです。仕事もできて女にもモテますからね。

あなたにとっての理想の男性像が決まれば、あとはとにかく俳優になったつもりで成りきってみましょう。

とはいっても口癖を真似してもあまり効果はありません。マネすべきは、その価値観や生き様ですよ。


でも、具体的に理想の男性像が決まらず、不透明な人もいるでしょう。そんな人にお勧めなのが、一流デパートや一流ホテルのスタッフさんをお手本にすることだと言います。

彼らには、次の要素が詰まっています。

紳士的、話し方がていねい、親切、よく気が利く、知識が豊富……と、モテる男の要素満載です。


その中でも気配りを学ぶことがもっとも大切だと言います。

気配りで本当に一番大切なことは、「相手に嫌な思いをさせない」ことです。

 




トップセールスマンからテクニックを盗む


僕らは自分に自信がなかったり、自己アピールが下手ですよね。これに対して、身近なお手本になるのが、優秀なセールスマンだと言います。

一見彼らは、商品を売り込むのが上手な人と思われがちですが、本当のトップセールスマンが次から次に商品を買ってもらえるのは、商品そのものではなく、自分自身を売り込む能力に長けているからなのです。



彼らが売り込むのは、相手に対する好意と、誠実な人柄なのだとか。すると自然とクライアントも彼らに信頼と好意を持ってくれるようになるのです。

このプロセスは恋愛に対しても非常に有効です。よく恋愛相談から、恋人になるケースが多いですが、こういった背景があるのではないでしょうか?


女性の心をつかむためには、相手の話に親身に耳を傾け、時間をかけて信頼を得ることがなにより重要なのです。



これが出来るか出来ないかが、モテる男とモテない男の違いでしょう。




すぐに諦める弱気を克服する


恋愛は「押し引き」の駆け引きをするものだと言われていますが、本当にそうでしょうか?

最近は草食男子と言われたり、消極的な男性が増えたのではないでしょうか。

著者が言うには、駆け引きを考えるよりも「押して押して押しまくる」積極的な人の方が、女性からOKをもらえる確率が高いみたいです。


ですから、もっと積極的に行きましょう。まだ諦めるのは早いかもしれません。ただ、女なら誰でもいいと言うようなガツガツした男性は嫌われてしまうので注意してください。

とにかく弱気は禁物。どれほど相手の女性のことを思っていたとしても、一度断られたくらいですぐに諦めて引き下がってしまうようではいけません。


本当に好きな女性であれば、ダメで元々と思って、押して押して押しまくりましょう。


押しの強さはモテる男の必須条件です。好きなのに告白できないとか、一度フラれただけでシュンとなるような弱気こそ、モテない原因の親玉です。

 




女性を虜にする覚悟を決める


女性に多くを求める前に、まず自分が素敵な男性になろうとしましょう。

よく「女性らしくあれ」などと注文をつけていませんか?そんなあなたは「男らしい」男なのでしょうか?


お互いに男らしさ・女らしさの違いが大きければ大きいほど、引き合う力も強くなるようです。そうなると、自然とその男女は剛力で結ばれるように成りますよ。

強い力で結ばれると、男性の凸と女性の凹はピタッと重なりあいます。男女の歯車がうまく噛み合った状態です。こうなると、もう放っておいても自然に二人の歯車はスムーズにたくましく回転し始めるのです。




ではいったい、女性が男性に求める男らしさとは何なのでしょうか?

女性が男性に求める本当の男らしさとは、愛する女性を命がけで守り抜く、強い決意と覚悟です。



少し大げさかもしれませんが、「彼女のためになら死んでもいい」と言う本気の愛が、女性をあなたの虜にするみたいですよ。



 

まとめ

 

・本当にモテたいなら、押して押して押しまくれ。

・「内面を磨く」などと難しく考えずに、まずは行動。

・「愛されたい」と思っているだけでは愛されない。
愛されたいなら命がけで女性を愛せ!

 

 

 

Booksカテゴリの最新記事