「不器用に徹しろ」野村克也『凡人を達人に変える77の心得』

「不器用に徹しろ」野村克也『凡人を達人に変える77の心得』

「ぼやき=グチではない」野村克也が語る成功の秘訣


今回紹介する書籍は、野村克也さんの『凡人を達人に変える77の心得』です。


現在は、野球解説者・野球評論家として活躍されている野村さんですが、プロ野球選手としての現役生活や引退後の監督時代の経験から、プロフェショナルとして一皮剥ける77の心得を紹介してくれています。


「技術には限界があるが、頭には限界はない」



本書は野村さんが監督をつとめていた時、ミーティングで選手によく話していたことをまとめたものです。


野球選手やアスリートに関わらず、ビジネスマンの方々が日々の仕事で役立てられる知識が詰まっていますので必見です。

 

 

 

 

目次

 

  1. 「テーマのない努力」ほど無駄なものはない

  2. 「不器用」は最後には器用に勝る

  3. 目上の人から褒められているうちは半人前

  4. 高い理想を掲げて、大いに「ぼやけ」

 

 

 

 

 

「テーマのない努力」ほど無駄なものはない


人より努力をしたのに、結果を出せない人は多いのです。なぜかというと、このケースの多くが「練習をたくさんした」というところで満足しているからです。

つまり、「努力による結果」ではなく、「努力そのもの」が目的になっているのである。


こうした努力は決してマイナスにはならないでしょうが、大きな成長を促す原動力にはなり得ないのです。

正しい努力は、「練習の過程で成長するヒントを見つける」ことだ。


練習といえども、本番を想定して練習することも大切です。本番を想定してやることで、自ずとテーマが生まれます。テーマがあれば、努力する途中のプロセスで満足することはありません。


テーマを解決し、また新しいテーマに取り組むという循環ができれば、段階的に成長することができるでしょう。


努力の先にあるものに価値があるのであり、努力そのものには価値はないのだ。

 

 

 

「不器用」は最後には器用に勝る


現役時代の野村さんは、意外にも不器用な選手だったのです。

たとえばこんな感じです。

テスト生として入団して1年で首を宣告される。
せっかく一軍にあがっても、ヒットを打つのに36打席も要する。



ご自身でも、不器用の塊だとおっしゃています。

だからこそ、それを克服するために、人が遊んでいる時も素振りをしたり、将来を考え続け、その蓄積によって、長くプロ野球の世界で生き残ることができた、と本書では語っています。


もちろん、プロ野球選手は毎年、有望な期待の新人が入団してきます。しかし、そのほとんどが結果らしい結果を残せず、球界から去っていくのです。

彼らの多くは周囲から“天才”と呼ばれたが、それゆえに人並み以上に努力を怠っていたのです。


「不器用は、最後には器用に勝る」


この言葉は、監督となった野村さんが、当時の選手たちにことあるごとに解いてきたもののようです。


天才などそうそういるものはないのです。


仮にアマチュアまで努力なしで結果が出せたとしても、プロの世界はそう甘くはありません。上には上がいます。

野村さんのように40歳まで現役生活を続けられる人だってほんのひと握りしかいません。


「不器用に徹しろ」



どこかに少しでも、不器用な自分を認めたくない気持ちや、器用にものごとをやり過ごしたいという気持ちがあれば、日々の努力はできなくなってしまいます。


不器用に徹することで、努力や研究をしなければいけないのです。

 

 

 

目上の人から褒められているうちは半人前


最近は、叱ることよりも「ほめられることが歓迎されている」世の中ですよね。若い世代はとくに、「ほめられて伸びるタイプ」と自分自身で口にする人間さえいるくらいです。


しかし、このような意識でいる限り、プロフェッショナルには一生なり得ない、と野村さんは言います。


基本的には、ほめられるうちは半人前と考えた方がいいでしょう。


人材育成の原則原理に、「人間は、無視・賞賛・非難という段階で試されている」というものがあります。

レベルがあまりにも低い状態の時は「無視」される。  
ちょっと可能性が出てきた時は「賞賛」される。  
組織を支える存在になった時は「非難」される。



半人前の「賞賛」されるくらいが、いざこざを生まず、双方いい関係でいられるときかもしれません。


しかしそれでは上にはいけません。いくら国民的アイドルでも、好感度No.1芸能人でも万人に好かれているわけではありません。嫌いな人も必ずいます。


上司にライバルと認識してもらう、もしくは追い抜かしてしまう、これくらいしないと半人前から抜け出せず、いつまで経ってもプロフェッショナルにはなれないでしょう。

 

 

 

高い理想を掲げて、大いに「ぼやけ」


野村克也さんといえば、「ぼやき」が有名だと思います。それほど、「ぼやきのノムさん」というのは、一般に定着しました。


これまで「ぼやき=グチ」と思っていましたが、野村さん曰く、両者は全く違うもものなんだとか。


グチは、「不満」を表現するものである  
ぼやきは、「理想と現実の差」を表現するものである。



試合中、キャッチャーの構えたサイン通りにこないときに、「どこに投げとるんや。ここって言ってるやないか」とぼやくのです。


理想が高ければ高いほど、ぼやきの頻度が多くなるのです。


とても驚いたのですが、野村さんは現役時代、すべての試合で勝つことはもちろんのこと、毎回、完全試合を目指してサインを組み立てていたようです。


残念ながら、一度も完全試合に導いたことはなったみたいです。


それでも、毎回、完全試合を目指して戦う。高い理想を掲げて、あくなき挑戦をする。これこそが仕事の醍醐味である。

 

 

 

Booksカテゴリの最新記事