Amazon創業者ジェフ・ベゾスが語る成功の為の3つのルール【UG】

Amazon創業者ジェフ・ベゾスが語る成功の為の3つのルール【UG】

インターネット時代を象徴するアマゾン!その創業者、ジェフ・ベゾス氏が語る!新たな時代のビジネスを成功に導いた3つのルールとは!?



Amazonといえば、知らない人はいないんじゃないかと言うほど、超有名企業です。Prime会員だって世界中にいますし、まだまだ新しいことをやってくれるのではないかという期待がいっぱいです。

そのAmazon創始者である、ジェフ・ベゾス氏がビジネスを成功したルールを3つ語っています。


この記事の内容は、YouTube動画「United Gratitude Filmsチャンネルのアマゾン創業者の成功の為の3つのルールをまとめたものです。


今や物流業界に革命を起こし、クラウドサービスでも他社に負けない実績があります。怒涛の勢いで坂を登り続ける秘訣が隠されているかもしれません。「AWS」というサービスについても目を見張るものがありますよね。

どんどん便利になっていく世の中に欠かせない貢献をしてくれています。そんなAmazon創始者ジェフ・ベゾス氏の3つのルールをみていきましょう。



 

 

目次

 

  1. お金は生産評価に過ぎない

  2. 後悔は行動しなかったことで生まれる

  3. 顧客と徹底的に向き合う











お金は生産評価に過ぎない


ジェフ・べゾスはForbes(フォーブス)2018年世界長者番付1位になりました。世界一のお金持ち、資産家です。しかし、ベゾスはそんなことはどうでもいい、2番目でも十分だと言います。



それよりも「発明家、起業家、父親であるジェフ・べゾス」と言われる方が意義がある


もちろんそうなんでしょうが、おそらく、お金持ちと言われるのではなくて、多くの方に尊敬されるような後世にも伝わるような人間を目指しているのではないでしょうか。


要は、お金は生産評価なんです。

Amazonは他企業と比べると、10年前から雇用数をダントツに増やしています。それに伴い、売上もどんどん加速しています。父親というのは面白いですよね。そのような感じで社員と接しているのかもしれませんね。人柄の良さがあふれています。



私は起業家資本、自由至上主義が、世界の問題解決に貢献することを強く信じています。



世界のあらゆる問題を解決しようと、行動している人は世界中に数多くいます。どんどん世界が地球規模でより良い方向にいくのが楽しみです。

誰かのためになる行動を続けていれば、あなたを支援してくれる人がついてくれるはずです。

今に時代なら、SNSを使ったり、クラウドファンディングを使えば、簡単に協力者を募ることができます。そのために常日頃から、価値のあるコンテンツを提供するようにしましょう。




後悔は行動しなかったことで生まれる


ジェフ・べゾス氏は、高校・大学と首席で卒業し、世界屈指のヘッジファンドに就職しました。


それなのに、インターネットが広まっていることを知り、何か作った方がいいと考えたそうです。いろいろ分析した結果、本を売ることを決めたと言います。

今やGAFAとまとめて言われる世界4大企業に含まれるAmazonですが、昔は本をインターネットで売るだけだったんです。人生何が起こるか本当にわからないですよね。


さらにこんなことも言っています。


80歳、90歳になった時の後悔を出来るだけ抑えたい



決断しなかった後悔につきまとわれるのは確かに嫌ですよね。早いうちに何か始めちゃいましょう。

80歳、90歳になってもう遅いとなっては、死んでも死に切れないですよね。この考えを常に持っているだけでも意識の違いが生まれます。


この考えから、Amazonの快進撃と言われる行動が生まれているのかもしれません。皆さんも歳を重ねてから後悔しないようにしましょう。後から後悔しても遅いですからね。


後悔のないようにやり尽くして人生を謳歌しましょう。

成功するもしないも行動しなければ始まりません。失敗を恐れず打席に立ち続けましょう。ホームランを連発しなくてもいいんです。少しづつでもいいので、ヒットを打っていきましょう。






顧客と徹底的に向き合う

 

私の人生やビジネスでの大事な決断は分析によるものではなく、心や直感によるもの



もちろん、データや数値もみているでしょうが、自分の直感を信じて行動していることがわかりますね。たまには根拠のない自信も必要かもしれません。

少人数から始まったAmazonも今や、50万人を超える従業員を抱えているそうです。本当に成長が著しいですね。ただのインターネット書店だったのが嘘みたいです。



Amazonの成功の秘訣は、競合他社に目を向けるのではなく、徹底してお客様に目を向けることで成功したのです。



多くの起業家、経営者たちは、顧客重視だと口では言うが、実際は競争相手のことを考えていると言います。


誰がお客様なのかをはっきりさせることが重要になります。
例えば、学校の場合、先生でもなく、親でもなく、子どもたちです。


あなたも誰かと比較して苦しんではいませんか?お客様を優先してものごとを考えましょう。さらに他人と比べても意味はありません。比べるのであれば、過去の自分しかないはずです。

目指すべきは、昨日の自分を超えることです。毎日これを意識していれば、必ず成長できるはずです。






最後に一言

 

人生の重要な決断は心や直感でするものだと私は信じている
ジェフ・ベゾス




YouTubeカテゴリの最新記事