小学生に読んでほしい書籍『マネーという名の犬』に学ぶ夢を叶えるお金との向き合い方

小学生に読んでほしい書籍『マネーという名の犬』に学ぶ夢を叶えるお金との向き合い方

一番最初に受けたいお金の授業「願いが叶う3つのこと」


学校では教えてくれない「お金の話」。お金は私たちが生きていく上で切っても離せない大事な問題です。

だからこそ、小学生読んでほしい1冊を紹介します。世界23か国で刊行され、累計400万部突破したマネーという名の犬――12歳からの「お金」入門です。村上世彰さんが監修しています。


簡単に冒頭のあらすじを紹介します。

主人公の女の子、キーラの両親は毎日お金のことで喧嘩しています。そんな時に言葉が話せる謎の白いラブラドール犬に出会いました。その犬に「マネー」と名ずけ、キーラはお金の授業を受けることに。まずはじめに夢や目標を聞かれました。

 

 

 

 

目次

 

  1. 夢アルバムをつくる

  2. 夢アルバムを毎日眺める

  3. 夢貯金箱をつくる

 

 

 

 

 

① 夢アルバムをつくる


自分のやりたいことや欲しいものをリストに10個ピックアップした彼女は、マネーに言われ、さらに3つに絞りました。

まず、自分が何を望んでいるのか、考えさせることが重要ではないでしょうか?

「たいていの人は、自分が欲しいものは何なのか正確にはわかっていないんだ。わかっているのは、もっとほしいということだけさ。
(中略)
ほしいものを手に入れるためには、何を望んでいるのか、自分できちっとわかっていなくてはならないんだ」




1つ目にやるべきことは、「夢アルバムをつくる」ことです。

具体的には、何も貼っていないアルバムを用意して、それを自分だけの『夢アルバム』にしてみる。そして、ほしいものの絵や写真を探して、それをアルバムに貼ってみる。たったこれだけです。

重要なのは、言葉で考えるのではなく、イメージで考えることだと言います。


現代では、インターネットが広まって、世界中のあらゆるモノの写真が見ることができますよね。だから誰にでもすぐに「夢アルバム」をつくることが可能です。

 

 

 

② 夢アルバムを毎日眺める


2つ目にやるべきことは、アルバムに貼った写真を毎日何回か眺めることです。そして、夢を実現している様子を想像するのです。

「それは『視覚化』というんだ。人生で何事か成し遂げた人はみんな、まずそれを夢に描いている。目標を達成したらどうなるかを何度も心に描いているんだ。

 

この方法は、サッカーの本田圭佑選手も同じようなことを言っています。
詳しくはこちらの記事で解説しています。

本田圭佑が語る成功の3大条件【UG】

 

もちろん、それがただの夢で終わらないようにしなくてはいけません。

願い事をすでに叶えている自分を想像してみよう。そうすれば、はかない望みだったものが次第に強い願望になっていく。

続けると、色々な可能性を見つけ、具体性を帯びてくるのです。あとは行動するだけです。行動こそがもっとも難しいことかもしれません。

何かをやろうと決めたら、かならず 72 時間以内にやること。 72 時間以内にやらなかったら、きっと二度とやらない


このことを忘れず、覚えておいてください。ちなみに僕のおすすめは、24時間以内にやること

 

 

 

③ 夢貯金箱をつくる


最後の3つ目は、「夢貯金箱」をつくることです。お金持ちになる一番の方法はやっぱり貯金です。

その方法はとっても簡単です。なんでもいいから蓋のついた入れ物を探して、それを貯金箱にする。そして蓋に夢を描いておくのです。

ただし条件として、1つの夢に1つの貯金箱が必要です。


まずは、少額でいいので使わずにとっておけるお金を入れてみましょう。大事なのは、お金とどう向き合うのかです。決してお金は汚いものではありません。


ここまで話を聞いて、「わたしにはできない」と諦めているようではいけません。本文にこんな言葉あります。

「幸運というものは、よく観察してみると、準備と努力の結果にすぎない」


宝くじやギャンブルを除けば、たいていのことは幸運にも理由があります。普段から考えて自分や自分がとった行動を信じていたこと、もしくはいつ成功をおさめてもいいように準備と努力を行なっていた人にこそ、幸運と成功が訪れるのではないでしょうか?



僕はこの事実は早く知りたかった。子どもの頃に知ることができれば、末恐ろしい子に成長するかも知れません。これもそれも行動するか次第ですけどね。

 

 

 

Booksカテゴリの最新記事