脳の構造がまるで違う!新装版『話を聞かない男、地図が読めない女』

脳の構造がまるで違う!新装版『話を聞かない男、地図が読めない女』

男女の違いは脳にあった!?これを知ってすれ違いをなくそう!


男女がすれ違うのは、いわばしょうがないことなのです。

衝突を避けるには、異性の考え方を理解するようにしましょう。本書を読めば、自ずと理解できるはずです。


男女に共通しているのは、人間という種が同じということだけです。

どちらが優秀というわけではないですが、脳の構造が違うということを覚えておいてください。


お互いに得意不向きというものが存在します。

ただ、男性であっても女性脳、女性であっても男性脳の持ち主もいます。

本書『話を聞かない男、地図が読めない女』ではどっちの脳に近いかテストできますので、それもよかったらぜひ試してみてはいかがでしょう。



 

 

目次

 

  1. ホルモンによる胎児のプログラミング

  2. カップルが破綻する理由

  3. 子どもの成長による男女の違い

 



 

 

 

 

ホルモンによる胎児のプログラミング


実は将来どんな道を選び、性的にどんな指向を持つかは、生まれたときにもう決まっていると言います。


受精してから6〜8週間の胎児は、まだ性別がはっきりしておらず、男女どちらにもなる可能性があるそうです。


男性ホルモンの量が少なければ、ホモセクシャルになる可能性が高まるなど、ほとんどが遺伝子で決まるのです。

社会環境や育て方はほとんど影響がないことがわかっています。


男の15〜20%は女っぽい脳を持っていて、
女の約10%は男っぽい脳の持ち主だ。



LGBTなどの差別をする人が僕は許せないです。

気持ち悪いとか、そんな次元の話ではないのです。生まれつきの障害なのです。最近では、同性婚を認める国も出てきましたね。


まだまだ、ライフスタイルとして自らの嗜好で選んだわけではないことを知らない人も多いのではないでしょうか?


正直僕も、普通の異性愛指向です。

ですから、同性愛の気持ちはあまり理解できないです。


だからと言って従来のルールで縛り付けて、差別するのは甚だおかしいはずです。もっと色々なことが認められる世の中になったらいいですね。





カップルが破綻する理由


恋人と別れる理由、それはそもそもの思考が全く違うから起きてしまうのです。

極論すれば、長く付き合う、結婚生活が長い、というのが信じられないほどの奇跡です。


働く女の74%、専業主婦にいたっては98%が、恋人や夫の最大の欠点は、1日の終わりに話をしてくれないことだと考えている



本書ではこのように言っています。
女性は基本的に話すことが好きな方が多いですから、会話がないというのが嫌みたいです。

さらに男女の話し方は違うので男性と話すポイントがあります。


男と話すときの大原則。簡潔に!一度に一つのことしか考えさせない。



それとは、逆に女性の話は遠回しで、回りくどい言い方で表現します。ですから、 女性と良い関係を築きたいのであれば、女性の話をよく聞くようにしましょう。


女と良い関係を築きたいのなら、まずは女の話を聞くことだ。

それもあいづちやボディランゲージをうまく使って、ちゃんと聞いていることを示す必要がある。頼まれもしないのに解決策を示したり、おしゃべりの背後にある動機を疑ったりしてはいけない。



また、女性は喧嘩になりそうなとき、男性に対して感情的ならないようにした方が良いそうです。


人間関係に悩みがある女は仕事に集中できないし、
仕事に行き詰まっている男は人間関係にまで気がまわらない。



これを理解していないと、いつまでたってもすれ違いが起こってしまいますよ。






子どもの成長による男女の違い


男女の脳の構造に違いがあるのですから、もちろん子どもの成長スピードも違ってきます。


生後数時間から数ヶ月までの赤ん坊を調べると、例外なく男の子はモノに、女の子は人に興味を示すのだ。



また、女の子の左脳は、男の子よりも成長スピードが速いと言います。

だから、言葉を覚えたり、よく話してくれるのは女の子の方が速いみたいですね。


反対に、右脳に関しては、男の子の方が成長が早いのだとか。

確かに算数が特にな子は男の子が多かった気がします。大人で考えてみても、科学者やパイロットにエンジニアなど、男性が占める割合が多い職業もありますよね。


いくら男の子、女の子をへだてなく育てようと親が努力しても、脳のちがいのよって好みや行動ははっきり分かれてくる。



他には、息子が話をしてくれないという悩みを持った母親も多いのではないでしょうか?


実は男の子は、まじまじと目をのぞきこまれるのが嫌いだ、と言います。僕もジロジロみられるのは苦手ですね。その影響だったのでしょうか?




まとめ


男女がすれ違うのは、お互いの脳の構造を理解していないと必ず起きてしまいます。これは避けては通れないですね。

ですから、相手を責める前に相手の気持ちを理解しようとしてみて下さい。その根底には、脳の違いがあります。

本書は子育てに励むママさんから、彼氏彼女とうまくいかない人まで、役立てる知識が満載です。もしかしたら復縁できるきっかけになるかもしれません。

変に愚痴を誰かにこぼすくらいなら、本書を読んで理論を頭に入れて方が良いかもしれません。知らなければ、なんかにも同じことの繰り返しですよ。

 

 

 

Booksカテゴリの最新記事