バカでも稼げるビジネスは理想形!最短で稼げるルートとは?【イケハヤ有料Note】

バカでも稼げるビジネスは理想形!最短で稼げるルートとは?【イケハヤ有料Note】

理想は「バカでも稼げるビジネス」だ


この記事は、イケダハヤトさんの有料Noteに関して紹介します。


最近、Twitter界隈で有名なプラットフォーム「Note」はご存知ですか?

お恥ずかしながら、私は2018年12月に存在を知りました。サービス開始は2014年からみたいですね。

そんなクリエイター必見のプラットフォーム「Note」についてこれから紹介していきます。


今回は、イケダハヤトさんの有料ノート「バカでも稼げる」について紹介します。



 

目次

 

  1. バカでも稼げるビジネスとは?

  2. バカでも稼げるビジネスの特徴を分析

  3. 我々が目指すところ




 

 




バカでも稼げるビジネスとは?


私たちは、ビジネスでお金を稼ぐときに、つい「優秀さ」「努力量」で勝負してしまうと言います。

しかしそれでは、ビジネスとして「2流」止まりだそうです。


では1流のビジネスとはいったい何なのか?それがバカでも稼げるビジネスのようです。


バカでも稼げるビジネスとは、文字通り「誰でも簡単に稼ぐことができるビジネス」のことを言います。

「そんな夢のあるビジネスなんて、どこか怪しい」こう思うのも当然です。ですが、実情は知っているか知らないかです。知っている人だけ美味しい蜜を吸えるのです。


では、一体どんなビジネスなのかを次に紹介します。




バカでも稼げるビジネスの特徴を分析


「バカでも稼げるビジネス」
には、以下の特徴があると言います。


・短期的な時代の波に乗っている
・既存サービス、商品よりもコスパが圧倒的に良い
・捨てられている(も同然の)ものに、価値を付けて売る
・商流を独占的に抑えている
・先行者優位が効いている
・まじめな人たちが参入しない



このように、スタートラインから勝負が決まっているビジネスと言えるでしょう。

ただ、トレンドのようなもので、いかに早くキャッチアップするかが重要です。まあ、それが何よりも難しいのですが、、、


さらに、具体的な例としてあげられるのが、「仮想通貨」と「ふるさと納税」です。

2017年には、仮想通貨バブルというものがありましたよね。私は完全に波に乗り遅れてしまいました。

まさに保持しているだけで甘い蜜が吸えたのです。「なんでやらなかったんだー」

さらに、2018年年末には、ふるさと納税もAmazonギフト券を巡って話題になっていましたよね。今はもう政府が規制してしまいました。


このような波にいかに乗ることができるかが勝負のようです。

一瞬で終わってしまうものもあるでしょう。イケハヤさんは仮想通貨のサイトを作ってバカ儲けしたようです。


いかに稼げるトレンドを活かせるか、ポジションを取れるかの勝負ではないでしょうか。そのためにも常日頃から、最新の情報をキャッチする仕組みを作っておきましょう。

SNSでフォローするだけでも違ってくると思いますよ。





我々が目指すところ


イケダハヤトさんはこのように言っています。


ぼくらは常に
最短で稼げるルート
模索していかなければいけません。



先ほども言ったように、バカでも稼げるビジネスは、見つけるのが難しいです。しかし、見事にキャッチアップできれば、とてもイージーな商売が可能です。

楽に稼げてしまうのです。


結局のところ、
最短で稼ぐルートを常に模索しながら、
今できることを淡々とこなしていく

というのが正解なのでしょう。



まだ、誰もやっていないビジネスにチャンスがあると思われます。

または、新しい流れに素早く乗っかること。そのためには、常にアンテナを張っておき、新しい情報を見逃さないようにしましょう。



次に何が出てくるのかはわかりません。予想するのは難しいですね。

イケハヤさんが力を入れているところでは、YouTubeといった動画コンテンツでしょうか?間違いなく動画は流れがきているでしょうね。もうすぐ5Gの時代が来ますから。

Voicyという音声サービスもそうかもしれませんね。

流れをつかむには、日本だけでなく、海外の流れについても動向を探ることが重要です。海外から日本へと流れてきたものは多すぎて数えきれないですね。

海外スタートアップには目を離せません。

 

もちろん情報をつかんむだけでは意味がありません。さっさと行動に移し、その波に乗っかってしまいましょう。そこで先行者の優位なポジションを獲得してしまえば、もう勝負は決まったようなものです。


もっと詳しくしたい方は、イケハヤさんのNoteをチェック!

 

 

Noteカテゴリの最新記事