心の前提・クセを変える『一生お金に困らない生き方』

心の前提・クセを変える『一生お金に困らない生き方』

収入を上げる方法を教えます。


今回紹介する書籍は、心屋 仁之助さんの一生お金に困らない生き方 』です。


心屋さんは人気心理カウンセラーであり、前職の会社員時代の話を書かれていますので、幅広く共感を得られる1冊だと思います。


本書では「お金に困らなくなる方法」について書かれていますが、よくあるテクニックやお金儲けの本ではありません。「やり方」ではなく「あり方」が重要だと言います。


今あるあなたの「心の前提」におけるクセを改善してくれる内容となっています。

 

 

 

 

目次

 

  1. 「いいお金」「悪いお金」と色をつけない

  2. お金を使って、あなたが手に入れたいものは何だろう?

  3. 収入は自分で認める自分の価値に比例する

  4. お金は「ある」ことにして行動する

 

 

 

 

 

「いいお金」「悪いお金」と色をつけない


日本人はお金に対して否定的なイメージを持つ傾向があります。お金は汚いもの、お金儲けは下品だ、などといった先入観を持つ人もいるでしょう。


こういった変な価値観を持っているのは、世界中見ても日本だけのようです。


お金には、「いいお金」も「悪いお金」もありません。お金に色をつけて分けようとするから話がややこしくなるのです。


1万円札はみな1万円札です。

「いいお金」だろうが「悪いお金」だろうが、どんどん入ってくればいい。そしてきれいに使えばいい。



お金をどんどん世の中に回していく。この流れをつくってしまうと、お金が入ってくるようになるのです。


川の流れと同じように止めてはいけません。使えば使うだけ、必要な分が入ってくる。そういう仕組みになっているのです。


お金を使うときには、「使ったら、入ってくる」と信じることが大切です。

 

 

 

お金を使って、あなたが手に入れたいものは何だろう?


お金がほしいですか?と聞かれれば、ほとんどの人がYESと答えるかと思います。


でもそのお金を何に使いますか?そのお金を使って何を得ようとしていますか?


お金を持っていると、好きなものが買えます。豪華な食事ができます。いろんな場所にも行けます。


あなたが本当にほしかったのは、お金そのものではなく、お金がたくさんあるときの安心感。


そう「安心感」なのです。


「お金がある」というのは、「選べる自由」が手に入ることです。我慢せずにしたいことができる喜びに憧れているのです。


ほしがるから、入ってこない。  
ほしがらないと、入ってくる。



さっきの、「お金は使うから、入ってくる」「出すから、入る」と同じです。ぜんぶ逆なんですよね。「自分にはお金がある、自由だ」と思っていれば、お金がどんどん入ってくるのです。

 

 

 

収入は自分で認める自分の価値に比例する


お金に限らず、自分には「ある」という安心感は、言葉を変えれば「自信」ともいえると思います。この安心感と自信は比例しているでしょう。

お金なんてなくても、自分には「ある」んだから、みんなに認めてもらえる、優しくしてもらえる、安心していられる。
それが、「自信」です。



お金なんかどうでもいい、とお金に執着しなくなるといつの間にか入ってくるものです。


反対に、自分に自信がなくお金もないとなる、といつも不安で大変なことになってしまいます。


不安だから、お金をほしがる。
不安だから、お金にしがみつこうとする。
不安だから、お金が入ってもため込もうとする。
ためてもためても、不安になる。
お金がいくらあっても、足りません(ため込むとなくなりますよ、お金も愛も)。



つまり、自信の度合いと収入はイコールなのです。自信とは安心の度合いでもあり、その安心とは心の開き具合ともいえるでしょう。


最後に整理しておきましょう。


収入=自信の度合=安心(心のひらき)の度合=自分が認める自分の「ある」(=価値)。

 

 

 

 

お金は「ある」ことにして行動する


「値札を見ずに選んでください」と言えば、「そんなのお金を持っている人にしかできません」などといった悲痛な声が聞こえてくるかもしれません。


でもこれは逆なんです。


泳げるようになったら海に行きます。痩せたら水着を着ます。といっているものです。


お金がないからできない、のではなくて、「ある」と思ってやってみる。「ある」前提の行動をとってみる。



さらに、「お金基準」で選んでいたものを、好き嫌いで選んでみるようにしましょう。


ない「前提」でいると、ない現実ばかり見てしまいます。


でも「ある」前提でいると、不思議なことに「ある」ことに気づくのです。気持ちをポジティブになり、毎日が楽しくなってくると思います。


優先順位を「必要なもの」から「好きなもの」に変えるのです。「好きなもの」とは「テンションの上がるもの」です。



「お金基準」ではなく、好き嫌いで選ぶ習慣が、豊かさとお金をつれてきます。

 

 

 

Booksカテゴリの最新記事