楽しく働ける会社とは!?素敵な会社をつくる8つのヒント【TED】

楽しく働ける会社とは!?素敵な会社をつくる8つのヒント【TED】

企業がコントロールすることよりも信頼に重きを置いたなら、何が起きる

 

Netflixの元人材担当重役として著名なパティ・マッコードさんが、規定集を捨てることになった気付きについて語ってくれています。


マネジメントの言葉は必要ないと言います。
会社経営であったり、リーダーのあり方などが学べる内容となっています。


世界は常に変化し、進化しています。適応するためのヒントを教えてもらいましょう。

 

 

 

目次

 

  1. 社員は大人だということ

  2. マネジメントの仕事は 人をコントロールすることではなく 優れたチームを作ること

  3. 人は意味のある仕事を したいもの

  4. 全社員が会社のビジネスを 理解していること

  5. 誰もが真実を扱えるべき

  6. 会社はその理念を 実現する必要がある

  7. スタートアップのアイデアというのは みんな馬鹿げているもの

  8. 企業は変化に 前向きな必要がある 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

社員は大人だということ


社員を管理するために、いくつものルールやガイドラインを作っていませんか?

そんなもので縛るほど、子供では無いはずです。決まりが多くなれば多くなるほど、やりづたくなり、モノゴトが制限されてしまいます。

その結果良いパフォーマンスを発揮する事が出来ないなどの悪循環に陥ってしまいます。



社会の一員で世界を変えたいと思っています。みんなすごい仕事をしようと やってきている。そう思って当たれば驚くような変化があるでしょう



このように考えれば、自ずと高いパフォーマンスが発揮出来るのではないでしょうか。





マネジメントの仕事は
人をコントロールすることではなく
優れたチームを作ること


マネジメントがすることは、優れたテームを作ることだと言います。

では、いったい「優れたテーム」とは、どのようなものでしょう?


目覚ましいことが成し遂げられ、顧客がとても満足している。
本当に重要な指標はそういうことです。



つまり、結果を残すことです。それも社内の評価ではなく、顧客を満足させられるかどうかです。


部下が今何をやっているかとか、チームの仲が良いとか、そんなことはどうでもいいことです。そんなプロセスよりも結果を重視する事が大切です。





人は意味のある仕事をしたいもの


昔は終身雇用が当たり前でしたが、今は違いますよね。

定年という概念もなくなりつつある今、40年どころか50年、60年も同じ仕事なんて退屈でしょうがないでしょうね。


人生というのは、旅のようだ、とパティ・マッコードさんは表現しています。
また、以下のように提案しています。


出身地として素晴らしい会社を 目指してはどうでしょう? 巣立った人々は 会社の商品のみならず 会社そのものや仕事ぶりを宣伝する 大使になるでしょう 世界中にそういう熱意が 広まっていけば 会社は素晴らしい場所に なっていくでしょう



引き留めることは両者にとって良くないことのようです。

ZOZOの田端さんのように個人にブランド力が備わっていれば、ヘッドハンディングされることもあり、好きに働き会社を選ぶことも出来てしまいます。






全社員が会社のビジネスを理解していること


社員たちに教えるべき、最も重要なことは、自分たちの会社が働く仕組みだと言います。


私達にできる最善のことは 絶えず互いに教え合うことです 「何をしているのか」「何が重要なのか」 「何を指標にしているのか」「良い状態がどういうものか」 そうすることで 一丸となって 同じ目標に向かえるんです



平社員であっても、自分の会社がどう言った方向を向いて、どこを目指しているのか、知るべきですよね。

社員のモチベーションにも影響してしまいます。





誰もが真実を扱えるべき


フィードバックや年次の勤務評価を与えるのが難しいのは、普段からやっていないからだと言います。


しかし、日常的にフィードバックを行え、というわけではありません。


その時々に良いと思ったこと、悪いと思ったことは、その場ですぐ伝えるべきだと言います。


褒めてあげたり、きちんと評価することで、仕事の質やスピードも上がるではないかと考えられます。





会社はその理念を 実現する必要がある


企業理念を守るためにリーダーができる最も重要なことは、自ら理念を守って 行動することだと言います。


すごく当たり前のことですが、出来ていますか?綺麗事でまとめた企業理念になっていませんか?もしそうなら、今すぐ改善しましょう。


社員の士気に関わることは間違いありません。また、会社の信頼に関わる問題ですよ。





スタートアップのアイデアというのは
みんな馬鹿げているもの


馬鹿げているというと、バカにしているみたいですが、そうではないようです。どうやら褒め言葉のようです。


もしまっとうなアイデアなら、他の誰かが、先にやっているのではないでしょうか?


そんな個性をどんどん出していくのが良いということですかね。新しいことや、ユニークな事業は、ほとんどスタートアップがやり始めますね。





企業は変化に 前向きな必要がある 


今日新しいテクノロジーがどんどん生まれています。そんな時代の変化に常に前向きに考える必要があると言います。


さらにノスタルジーで盲目にならないこと。これも重要です。


日本でも、伝統だとか言って無理に守ろうとしているものがありますよね。もちろん伝統は素晴らしいことです。


しかし、それは今まで淘汰されずに生き残ったものであって、時間の問題でなくなるというものを無理に守る必要はありませんよね。

ちなみに僕が言っているのは、選挙やハンコ、FAXなどです。


私の夢の会社が どんなかというと 中に歩み入って 「すべてが変わった 何が起こるか分からない 右に向かって 必死に走っていたけど 左に急カーブを切るぞ」と言うと みんな「いいぞ!」と 歓声を上げるんです ワクワクする世界が広がっていて 常に変化し続けています それを受け入れて 熱中すればするほど 楽しいことが 待っているんです

 

 

 

 

 

TEDカテゴリの最新記事