ビットコイン入門書『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』

ビットコイン入門書『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』

基本の仕組みの解説から最新トピックまで、この1冊で完了


世界中から熱い視線が注がれているビットコインですが、はたしてそれがどんなものなのか、よくわからない人が多いのが現状ではないでしょうか?

詳しい中身については、意外と知られていないように思います。

そこで、『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』という書籍を取り上げて紹介します。

ビットコインは、ブロックチェーンという新技術によって生まれた「仮想通貨」であり、電子データで表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」であり、特定の国に属さない「国際通貨」であり、分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」でもあるという、きわめて複雑な特徴を持っています。



使い方はすごく簡単です。まず、スマートフォンに専用アプリをインストールして、必要事項を記入します。本人確認書類を送って承認されれば、すぐに始めることができます。

ビットコインについて基本的なことから、ブロックチェーンという技術の解説、よくある疑問に答えていきます。

 

 

 

 

目次

 

  1. ビットコインとは?現金と違い

  2. バーチャルなお金にどうして価値が生まれるのか?

  3. ブロックチェーンってどんな技術?

  4. コピーや改ざんされる心配は?

 

 

 

 

 

ビットコインとは?現金と違い

 

ビットコインは実体を持たないバーチャルなお金で(仮想通貨)、電子データにすぎず(デジタル通貨)、特定の国に属さず(国際通貨)、参加者みんなで運用し(分散型通貨)、暗号を解く「鍵」がなければ送金できません(暗号通貨)。


ビットコインは「仮想通貨」や「暗号通貨」も一つと言われています。また、アナログの現金とは異なる「デジタル通貨」であり、特定肉に属さず、世界中で通用する「国際通貨」でもあります。

さらにビットコインには、誰かが管理するのではなく、世界中の人たちの手で運用される「分散型通貨」でもあるのです。


現金と聞いて最初に思い浮かぶのは、一万円札や千円札といった紙幣、それに五百円玉や百円玉などのコインだと思います。これら日本の「円」はリアルな紙幣やコインとして手で触ることができ、財布に入れて持ち運ぶこともできます。


一方、「仮想通貨」であるビットコインは、実体を持たないバーチャルなお金なので手で触ることはできません。

しかし、「ウォレット」と呼ばれる専用の財布に入れて持ち歩くことができます。実は「ウォレット」というバーチャルな財布で、スマホやパソコンに専用のアプリで入れておけば、いつでもどこでも使用可能なのです。


最近だと、クレジットカードに加え「Suica」や「nanaco」などの電子マネーの普及によって、現金を持たない主義の人も増えています。小銭がたくさんあると財布が膨らんで、ジャラジャラしてしまいます。そもそも札束を持ち歩くのも物騒だと考える人もいるでしょう。


「デジタル通貨」でもあるビットコインは、電子データに過ぎないので、どれだけ金額が大きくなっても、かさばる心配はありません。1円単位の支払いから、数百、数千万円単位の支払いまで、全て同じ「ウォレット」を通じて行うことができるのです。


ビットコインは、どこか特定の国や中央銀行に当たる組織が発行しているわけではありません。その代わり、ネットワークに参加する人たちがお互いに承認し合うことで「取引の正しさ」を担保しています。

それを支えるのが「P2P(Peer to Peer)ネットワーク」による分散処理システムです。きわめて「民主的な通貨」ともいえる「分散型通貨」なのです。

ビットコインには、過去のすべての所有者の名前が記録されています。



そのため、ビットコインがどういう取引を経由して現在に至ったのか、必要があれば、後からさかのぼって確認することができます。不正に操作される可能性は低く、マネーロンダリングの心配はほとんどないでしょう。

 

 

 

バーチャルなお金にどうして価値が生まれるのか?

 

円やドルに価値があるのは、みんなが価値があると信じているからです。信用こそがマネーの本質で、ビットコインの場合は「誰も偽装・改変できない」「特定の国や人の支配を受けない」「有限である」ことが信用を担保しています。


ビットコインは実体を持たないバーチャルなお金で、中身はただの記号にすぎません。円やドルは信用で成り立っているものです。価値があるという信用がなければただの紙切れです。この信用を支えているのは、国に対する信頼です。そのため、円やドルというのは価値が下がる可能性が十分にあるのです。



ではここからビットコインの信用がどこから生まれるのか、3つの点を紹介します。


一つは、「誰も偽装・改変できない」という信用です。
後から手を加えて改変できると分かれば、間違いなく価値が暴落します。実際に他の仮想通貨では大問題になっています。


二つめは、「特定の国や企業の思惑に左右されない」という信用です。
誰かが勝手にビットコインを大量に発行したり、発行ペースを遅らせたりすることはできないのです。また、ルールがオープンに共有されていることも、信用している理由の一つでしょう。


三つめは、ビットコインの総量があらかじめ決められていること、つまり「有限であること」です。

ビットコインはあらかじめ上限が決まっていて、2100万枚発行された時点で打ち止めになります。計算上は、2141年にすべてのビットコインが掘り尽くされる予定です。


ですから、無尽蔵に増やせるわけではありません。

ビットコインは金(ゴールド)とよく似ていると、著者の大塚さんは言います。

ビットコインは、通貨というよりも、 金 にいちばん近いと私は考えています。もともと発行数が有限だから希少価値が高いし、時間がたつほど採掘するのがむずかしくなるように設計されているからです。



『デジタル・ゴールド ビットコイン、その知られざる物語』というそのままのタイトルの本も出ているくらいです。

 

 

 

ブロックチェーンってどんな技術?

 

ブロックチェーンは「分散型台帳」技術です。数百から数千個のビットコインの取引記録(トランザクション)をまとめたブロックをみんなで手分けして承認し、一本のチェーン(鎖)の形で共有しています。


ビットコインの一つひとつの取引は「トランクザクション」と呼ばれ、すべてのトランクザクションは記録されます。

未承認のトランクザクションをおよそ10分ごとにまとめて一つの「ブロック」とし、それを一括して承認する仕組みを採用しています。

新しく承認されたブロックは、すでに承認済みのブロックをひと続きにした一本の「チェーン(鎖)」の最後尾にガチャンとはめ込まれて追加されます。


ここでようやく取引が成立するのです。


個々のトランクザクションは、ハッシュ関数という特殊な関数によって規則性のない一定の長さの文字列に置き換えられます。ハッシュ関数にかけると、どれだけ大きなサイズのデータでも、同じケタ数のまったく異なる文字れるに置き換えることができるので、暗号技術でよく使われるのだとか。


ちなみに、一度チェーンの最後尾につなげられたブロックの順番を後から入れ替えることはできません。ハッシュ値を利用して暗号化してあるので、後から勝手に変更することはできないのです。


ブロックのつなげ方には規則があり、新しいブロックを最後尾につなげるには、規則に則った鍵を見つける必要があります。そして、この鍵を見つける作業を「マイニング(採掘)」と呼んでいるわけです

 

 

 

コピーや改ざんされる心配は?

 

ビットコインは枝分かれのない一連の取引記録を複数の人がチェックして運用されています。別の記録がまじればはじかれるし、同じものが二つ並存することができないので、コピーや改竄されることは原理的にありません。


先ほども言ったように、ビットコインでは、すべての取引はオープンになっていて、リアルタイムで世界中の誰でも見られるようになっています。ですから、不正操作や改ざん、コピーをしたとしても、すぐに見つかるのです。


さらにいえば、ビットコインは、ブロックチェーンという技術を使って、そもそもコピーができない仕組みになっています。

ブロックチェーンには、①たった一本の鎖である、②一方向にしか流れない(不可逆的である)、という二つの特徴があり、そのことがコピーや二重取引などの不正防止に重要な意味を持っています



ビットコインは「民主的なお金」で、お互いに承認し合ってはじめて取引が成立するので、恣意的な操作や不正が入り込む余地はほとんどありません。

また、ハッシュ値を利用したブロックチェーンは一方向にしか流れないので、過去にさかのぼって改ざんすることは原理的に不可能です。


このブロックチェーンという技術が、ビットコインをコピーや改ざんから守っているんのです。

 

 

 

Booksカテゴリの最新記事